カートスクール
トップ > News&Topics > EXPRITTAKAGIRACING

TAKAGI PLANNING News&Topics

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦

第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース

苦しんだ2018シーズン来季へ向け巻き返しを誓う!

Rd.9-10 鈴鹿サーキット国際南コース

■開催日:11月17〜18日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:27台

第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第9戦・第10戦は11月17〜18日に三重県・鈴鹿サーキット国際南コース開催されました。

最終ラウンドとなる今大会。レースウィークは、当初雨予報もあったものの、週末の3日間は快晴に恵まれ、全セッションがドライコンディションでの走行となりました。気温も1月中旬とは思えないほどに上昇したなかでのレースとなりました。

詳細はこちらの「第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書(PDF:3.9MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦

第7戦・第8戦スポーツランドSUGO

井本大雅が第7戦で10位獲得!古谷悠河も第8戦で自己最高の10位を獲得!

第7戦・第8戦スポーツランドSUGO

■開催日:9月8〜9日 ■天候:晴れ ■路面状況:ウェット ■参加台数:26台

第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第7戦・第8戦は9月8〜9日に宮城県・スポーツランドSUGO西コースで開催されました。

前回の茂原大会から2か月のインターバルがあき、この間にマテリアルの開発も加速。今大会は後半戦での巻き返しの契機となることが期待されました。

レースウィークは不順な天候に悩まされることとなり、土曜日は午前中が雨、午後が曇りとなり、路面もウェットからドライへと変化していく状況下でタイムトライアル、予選ヒートが行われました。

日曜日は朝から雨が降り続き、コースは完全にウェットコンディションに変貌。OKクラスでは、今季初めての本格的なレインレースとなりました。

詳細はこちらの「第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書(PDF:1.7MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦

井本大雅、7位/8位入賞!!古谷悠河もポイント獲得まであと一歩

第3戦・第4戦 本庄サーキット

■開催日:6月2〜3日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数: 21台

第3戦・第4戦 本庄サーキット第3戦・第4戦 本庄サーキット第3戦・第4戦 本庄サーキット

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第3戦・第4戦は6月2〜3日に、埼玉県北部の本庄サーキットで開催されました。

本庄サーキットは4輪ミニコースとして活用されるコースで、通常のカートコースを遥かに凌ぐ大型コース。長いストレートを主体とした超高速コースで、スリップストリーム効果も大きく、レースは混戦となることが多いです。

OK参戦2年目となる井本大雅は、昨年もこのサーキットでのレースを経験しているが、広島県出身の古谷悠河にとっては、レース初経験のコースとなります。

レースウィークは梅雨入り直前の好転に恵まれ、連日の夏日を記録しました。特に決勝日は、午後には気温が30℃を超える真夏日となり、非常に厳しいコンディションでレースは行われました。

詳細はこちらの「第3戦・第4戦本庄サーキット参戦報告書(PDF:1.7MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦・第2戦

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦・第2戦

想定外の気候条件に苦戦、次戦からの巻き返しを誓う

第1戦/第2戦 ツインリンクもてぎ北ショートコース

■開催日:4月21〜22日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:26台

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦・第2戦EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦・第2戦EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦・第2戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの幕開けとなる第1戦/第2戦が、4月21〜22日の2日間、栃木県・ツインリンクもてぎで開催されました。今季からチーム名を一新し臨むシリーズ。ドライバーにはチーム2年目の井本大雅、広島県出身のルーキー古谷悠河の二人を起用し、2016年以来となるシリーズチャンピオン獲得を目指すこととなります。

今大会のレースウィークは連日好天となり気温が上昇。公式スケジュールが組まれた土日はともに夏日となり、日曜日は気温30度に迫るほどでした。OKクラスに供給されるスペシャルタイヤは、設定された路面温度での作動を前提としているため、想定外に上昇した気温・路面温度に対し、マシンやドライバーがどうカバーできるかが問われる大会となりました。

詳細はこちらの「第1戦/第2戦鈴鹿サーキット参戦報告書(PDF:1.7MB)」をご覧ください。

EXPRIT TAKAGI RACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦

台風接近による豪雨で第10戦決勝は中止、澤田真治がランキング5位を獲得!!

第9戦/第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース
■開催日:10月28〜29日 ■天候:雨 ■路面状況:ウェット ■参加台数:27台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの最終イベントとなる第9戦・第10戦が10月28〜29日に三重県・鈴鹿サーキット国際南コースで行われました。4月のSUGOから始まったシリーズ戦も、早くも最終戦を迎え、ランキング上位争いも佳境を迎えております。

前週には台風21号の接近によりスーパーフォーミュラ最終戦が中止となった鈴鹿サーキットだが、今度は台風22号が同じようなコースを辿ってAll Japan Karting Championship北上。週末の天候が心配されたため、スケジュールを早めに消化できるように変更されました。レースウィークは金曜日までは気持ちのいい秋空が広がったものの、やはり予報通りに土曜朝から雨となり、完全なウェットコンディションでのレースとなりました。さらに、日曜昼過ぎから雨脚が強まったため、午後のスケジュールは全てキャンセルされ、OKクラスは第9戦こそ決勝が行われたものの、第10戦は予選のみで終了となりました。

詳細はこちらの「第9戦/第10戦鈴鹿サーキット参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。

EXPRIT TAKAGI RACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ 第7戦・第8戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦

想定外の苦戦を強いられるも最終戦へ向けチーム一丸で巻き返しを図る

第7戦/第8戦 ツインリンクもてぎ北ショートコース
■開催日:9月23〜24日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:24台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦が、9月23〜24日に栃木県・ツインリンクもてぎ北ショートコースで開催されました。澤田真治以外の3選手にとっては、テスト等は行っているものの、今回がもてぎで初のレースとなりました。

前回の瑞浪大会からの1ヶ月で気候はすっかり秋の気配を深めています。当然、気温や路面温度にも変化はあり、それらにどう対応していくかも重要な要素となります。レーウスィークは、金曜午後から雨がコースを濡らし、土曜日朝まで降り続いたものの、公式スケジュールが始まる土曜日午後には路面コンディションもドライへと回復。走行全セッションがスリックタイヤでの出走となりました。

シリーズも、今大会を含め2大会4レースを残すのみとなり、ランキング上位でシーズンを終えるためにも、今大会は重要なレースとなります。

詳細はこちらの「第7戦/第8戦本庄サーキット参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。

EXPRIT TAKAGI RACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ 第3戦・第4戦

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦

澤田真治、第3戦で2位獲得!ランキング2位に浮上!!

第3戦/第4戦 本庄サーキット
■開催日:6月3〜4日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:26台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦が、6月3〜4日に埼玉県・本庄サーキットで開催されました。

4輪用ミニサーキットの本庄サーキットは、初の全日本最高峰クラス開催。コースはストレートを主体とし、コース幅も広いため、アクセル全開率の高いパワーサーキット。スリップストリーム効果が高いため、レースは混戦となることが予想されました。

また初開催となるため、OKクラスで使用するスペシャルハイグリップタイヤでは各社ともレースデータがない状態で大会を迎えることとなります。

レースウィークは連日快晴となり気温も上昇。やや風が強い日が続いたが、終始ドライコンディションでの走行となりました。また今回も計時予選と第3戦予選ヒートを土曜日に行い、日曜日は公式練習後すぐに第3戦決勝ヒートが行われる大会スケジュールとなっております。

詳細はこちらの「第3戦/第4戦本庄サーキット参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。