カートスクール
トップ > News&Topics > アチーブメントRSSレーシング 全日本カート選手権参戦レポート:X30チャレンジアジアパシフィック大会
TAKAGI PLANNINGからのニュース&トピックス TAKAGI PLANNING News&Topics(RSS2)

アチーブメントRSSレーシング 全日本カート選手権参戦レポート:X30チャレンジアジアパシフィック大会

X30 Challenge Asia-Pacific
X30 Challenge Asia-Pacific
■開催日:4 月25 〜26 日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:ジュニア:16 台/ セニア6台

X30 Challenge Asia-PacificX30 Challenge Asia-Pacific

決勝で追い上げた三澤がクラス5位
平川はクラス3位で表彰台を獲得

若手ドライバー育成を掲げるアチーブメントRSSレーシングは、4月23〜26日に宮城県・スポーツランドSUGO西コースで開催された、CIK-FIAアジアパシフィック選手権に併催されたX30チャレンジアジアパシフィック大会に参戦しました。

この大会は、アジアパシフィックKF選手権のサポートクラスとして設定されたもので、15歳未満のジュニアクラスと15歳以上を対象としたセニアクラスを開催。総合優勝のドライバーには、秋にフランス・ルマンで開催される世界大会への出場権が与えられる。また、レースフォーマットも国際レースに倣い、QP、予選2ヒート、プレファイナル、ファイナルとヒート数を多いのが特徴。経験の浅いドライバーにとっては、レース経験を積む絶好の機会となります。

今大会には、ジュニアクラスに先の全日本選手権西地域開幕戦で鮮烈なデビューを飾った三澤拓真、セニアクラスへは今季の地方選手権シリーズにデビューを予定している平川真子と二人のドライバーが参戦。ともに、SUGOでは初の実戦となりました。また、今大会にはRSSより芹澤代表が来訪。若い二人のドライバーを見守られました。

詳細はこちらの「レース参戦報告書(PDF:517KB)」をご覧ください。