カートスクール

TAKAGI PLANNING News&Topics

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦/第10戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦/第10戦

波乱に富んだシーズン 井本大雅がランキング7位を獲得!

Rd.9-10 ツインリンクもてぎ北ショートコース

■開催日:11月16〜17日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:29台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの最終ラウンドとなる第9戦/第10戦が11月16〜17日の2日間、栃木県・ツインリンクもてぎ北ショートコースで開催されました。

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦/第10戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦/第10戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦/第10戦

今季のOKシリーズは井本大雅の初優勝で幕を開け、その最後を飾る最終戦で締めくくるべく、事前テストから精力的に取り組みレースウィークを迎えました。レースウィークは秋の冷気はあるものの、連日快晴に恵まれ、日中には気温も20℃近くまで上昇する日が続きました。チームは一つでも上のランキング獲得目指し、今期最後のレースに臨みました。

詳細はこちらの「第9戦/第10戦 ツインリンクもてぎ北ショートコース参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。

CIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポート

Fuki Tanaka CIK-FIA Karting Academy Trophy Race Report.

CIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポート

チャレンジし続けた初の海外シリーズ 成長を遂げ成果を得る貴重な機会に

12歳から14歳までを対象とし、若手ドライバーの健全な育成を主眼に開催されるCIK-FIA Karting Academy Trophyの最終戦が、9月19〜22日にイタリア北部にあるサウスガルダサーキットで開催された。今大会はミッションカートの世界選手権と併催となり、大きな注目を集めた。この大会を迎えた時点で、ランキング10位につけている田中風輝は、上位進出をかけてレースに臨んだ。

夢へのFirst Step!

田中風輝 CIK-FIA Karting Academy Trophy挑戦記は以下を御覧ください。

CIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポートCIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポート

詳細はこちらの「CIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポート(PDF:2.2MB)」をご覧ください。

Academy 参戦をサポートします!

今回のアカデミー参戦は、TAKAGI PLANNING の全面サポートにおいて実現しました。TAKAGI PLANNING は元F1 & IRL ドライバーの高木虎之介が代表を務め、カートショップならびにレーシングカートチームの運営、若手ドライバーの育成、ジュニアカートスクールなど普及活動も展開しています。
田中風輝も2017年から同チームに所属し、レース活動を行っています。

またTAKAGI PLANNINGからAcademy参戦選手の輩出は、昨年の新原光太郎に続き2年連続となります。
〒422-8046 静岡県静岡市駿河中島902

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦/第8戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦/第8戦

初日の出遅れが悔やまれるものの決勝では上位進出を果たす

Rd.7-8 スポーツランドSUGO 西コース

■開催日:10月5〜6日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:31台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第7戦/第8戦が10月5〜6日の2日間、宮城県茂スポーツランドSUGOコースで開催されました。春に始まったシリーズも、今大会を含め残り2大会4レースとなり、シリーズチャンピオン争いも佳境へと入ってきています。

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦/第8戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦/第8戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦/第8戦

SUGO大会では、昨年ダンロップが優勝しているだけに、今回も期待が高いレースとなりました。レースウィークは不安定な天候となったものの、雨は限られた時間のみとなり、公式スケジュールはほぼドライコンディションで進行しました。

詳細はこちらの「第7戦/第8戦 スポーツランドSUGO 西コース参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第5戦/第6戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第5戦/第6戦

4人のドライバーすべてが2戦連続でトップ10フィニッシュ!!

Rd.5-6 茂原ツインサーキット東コース

■開催日:7月6〜7日 ■天候:晴れ ■路面状況:ウェット ■参加台数:29台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第5戦/第6戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第5戦/第6戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第5戦/第6戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第5戦/第6戦が7月6〜7日の2日間、千葉県茂原ツインサーキット東コースで開催されました。今大会を終えると、OKシリーズは約3ヶ月のインターバルとなります。前半戦最後の大会となるため、好成績で後半戦へ臨むべく、テストにも精力的に取り組みました。

例年であれば、7月初旬でありながら真夏の暑さとなる茂原大会ですが、今年は梅雨真っ盛りとなり、天気予報でも不安定な天候が予想されました。実際には、土曜日の予選時間から雨が降り始め、日曜日最後まで路面を濡らし続け、今季初の本格的なウェットコンディションでのレースとなりました。

詳細はこちらの「第5戦/第6戦 茂原ツインサーキット東コース参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦/第4戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦/第4戦

井本大雅が連続入賞でポイント加算 ルーキーたちもポイント獲得!!

Rd.3-4 本庄サーキット

■開催日:6月1〜2日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:29台

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦/第4戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦/第4戦オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦/第4戦

オートバックス全日本カート選手権OK シリーズの第3戦/第4戦が6月1〜2日の2日間、埼玉県本庄サーキットで開催されました。

1ヶ月前の開幕戦では、井本大雅が初優勝を飾り、絶好の今季スタートを切ったチームは、ここ本庄でも好結果を残すべく、精力的に走行を重ねました。

本庄サーキットは、本来のカートコースとは異なる4輪用ミニサーキットで、コーナー曲率も大きく、ストレート主体なことからパワーサーキットとも言われる特異なレイアウトが特徴です。

レースウィークは、QP と予選が行われる土曜日は強烈な日差しが降り注ぎ厳しい暑さとなったものの、決勝日の日曜日は薄い雲が上空を覆い、気温もそれほど上昇しない気候となりました。

詳細はこちらの「第3戦/第4戦 本庄サーキット参戦報告書(PDF:1.4MB)」をご覧ください。

CIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポート

Fuki Tanaka CIK-FIA Karting Academy Trophy Race Report.

CIK-FIA Karting Academy Trophy参戦レポート
 

初の海外レース参戦も臆せず6位入賞を飾る!!

CIK-FIA Karting Academy Trophy開幕戦が、5月2〜5日の4日間、ドイツのWACKERSDORFで開催された。今季、日本代表選手に選出され、このアカデミートロフィーに参戦する田中風輝にとっては、初の海外レース、初の国際レースとなる。決勝では、まずはスムーズなスタートを決め前方を追う。中盤以降、単独走行の場面が多くなるが、安定したペースで周回を重ね、終盤には決勝ヒート中の自己ベストを記録するなど、最後まで奮闘し、6位入賞を飾った。
 

夢へのFirst Step!

田中風輝 CIK-FIA Karting Academy Trophy挑戦記は以下を御覧ください。

Fuki Tanaka CIK-FIA Karting Academy Trophy Race Report.Fuki Tanaka CIK-FIA Karting Academy Trophy Race Report.

詳細はこちらの「CIK-FIA Karting Academy Trophy 参戦レポート(PDF:2MB)」をご覧ください。

Academy 参戦をサポートします!

今回のアカデミー参戦は、TAKAGI PLANNING の全面サポートにおいて実現しました。TAKAGI PLANNING は元F1 & IRL ドライバーの高木虎之介が代表を務め、カートショップならびにレーシングカートチームの運営、若手ドライバーの育成、ジュニアカートスクールなど普及活動も展開しています。
田中風輝も2017 年から同チームに所属し、レース活動を行っています。
またTAKAGI PLANNING からAcademy 参戦選手の輩出は、昨年の新原光太郎に続き2 年連続となります。
〒422-8046 静岡県静岡市駿河中島902

タグ:

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦/第2戦

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第1戦/第2戦

井本大雅がOK クラス初優勝!! ルーキーたちの健闘も光!!

Rd.1-2 鈴鹿サーキット国際南コース

■開催日:4月27〜28日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:30台

Rd.1-2 鈴鹿サーキット国際南コースRd.1-2 鈴鹿サーキット国際南コースRd.1-2 鈴鹿サーキット国際南コース

オートバックス全日本カート選手権OK シリーズの開幕ラウンド、第1戦/ 第2戦が4月27〜28日に三重県・鈴鹿サーキット国際南コースで開催されました。

今季開幕戦となる今大会は、今季の流れを占う意味でも重要な一戦となります。今季のチームはTOYOTA TAKAGI RACINGとしてOK クラスルーキーの渡部樹、新原光太郎、TAKAGI PLANNING としてチームの主軸となる井本大雅、堀尾風允の合計4 人体制でタイトル獲得を目指すこととなります。

レースウィークは土曜日に気温が急降下し肌寒い一日となったものの、日曜はやや持ち直し、全ヒートがスリックタイヤでの出走となりました。

詳細はこちらの「第1戦/第2戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書(PDF:1.6MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第9戦・第10戦

第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース

苦しんだ2018シーズン来季へ向け巻き返しを誓う!

Rd.9-10 鈴鹿サーキット国際南コース

■開催日:11月17〜18日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数:27台

第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第9戦・第10戦は11月17〜18日に三重県・鈴鹿サーキット国際南コース開催されました。

最終ラウンドとなる今大会。レースウィークは、当初雨予報もあったものの、週末の3日間は快晴に恵まれ、全セッションがドライコンディションでの走行となりました。気温も1月中旬とは思えないほどに上昇したなかでのレースとなりました。

詳細はこちらの「第9戦・第10戦 鈴鹿サーキット国際南コース参戦報告書(PDF:3.9MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第7戦・第8戦

第7戦・第8戦スポーツランドSUGO

井本大雅が第7戦で10位獲得!古谷悠河も第8戦で自己最高の10位を獲得!

第7戦・第8戦スポーツランドSUGO

■開催日:9月8〜9日 ■天候:晴れ ■路面状況:ウェット ■参加台数:26台

第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第7戦・第8戦は9月8〜9日に宮城県・スポーツランドSUGO西コースで開催されました。

前回の茂原大会から2か月のインターバルがあき、この間にマテリアルの開発も加速。今大会は後半戦での巻き返しの契機となることが期待されました。

レースウィークは不順な天候に悩まされることとなり、土曜日は午前中が雨、午後が曇りとなり、路面もウェットからドライへと変化していく状況下でタイムトライアル、予選ヒートが行われました。

日曜日は朝から雨が降り続き、コースは完全にウェットコンディションに変貌。OKクラスでは、今季初めての本格的なレインレースとなりました。

詳細はこちらの「第7戦・第8戦スポーツランドSUGO参戦報告書(PDF:1.7MB)」をご覧ください。

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦

EXPRITTAKAGIRACINGレースレポート:オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第3戦・第4戦

井本大雅、7位/8位入賞!!古谷悠河もポイント獲得まであと一歩

第3戦・第4戦 本庄サーキット

■開催日:6月2〜3日 ■天候:晴れ ■路面状況:ドライ ■参加台数: 21台

第3戦・第4戦 本庄サーキット第3戦・第4戦 本庄サーキット第3戦・第4戦 本庄サーキット

オートバックス全日本カート選手権OKシリーズの第3戦・第4戦は6月2〜3日に、埼玉県北部の本庄サーキットで開催されました。

本庄サーキットは4輪ミニコースとして活用されるコースで、通常のカートコースを遥かに凌ぐ大型コース。長いストレートを主体とした超高速コースで、スリップストリーム効果も大きく、レースは混戦となることが多いです。

OK参戦2年目となる井本大雅は、昨年もこのサーキットでのレースを経験しているが、広島県出身の古谷悠河にとっては、レース初経験のコースとなります。

レースウィークは梅雨入り直前の好転に恵まれ、連日の夏日を記録しました。特に決勝日は、午後には気温が30℃を超える真夏日となり、非常に厳しいコンディションでレースは行われました。

詳細はこちらの「第3戦・第4戦本庄サーキット参戦報告書(PDF:1.7MB)」をご覧ください。

 Page 1 of 12  1  2  3  4  5 » ...  Last »